blog towa

お客様とユニークサービス・製品をつなぐよもやまブログ

ポロシャツ〜シャリシャリ系とふんわり系

サービス・商品のこと | 2019/05/10


トムスなどのポロシャツ画像

広報副社長の冨田です。

ポロシャツづくりのご依頼、シーズンになりたくさんいただいております。ということで、今日はポロシャツ生地のお話です。

ドライのシャリシャリ系ポロシャツ

シャリシャリ系というのは、最近メーカーの一押しのポリエステル100% ドライ生地を使ったポロシャツです。

社内ではいつも「いやーシャリシャリしてるねぇ」と感心しています。肌触りもいいんですよ。

スベスベした布地で、汗をさらっと吸う上に乾きも早く、価格も安いものが多いのが特徴です。

安価で、プリントしやすく、機能性も高いのですが、なんとなく慣れない独特のシャリシャリ感には、好き嫌いが別れる場合があります。だんだん普及してくると問題なくなるのかもしれません。

イベントや野外作業での利用では見栄えも良く機能性も高く、なにより安価ですので、おすすめです。

ふんわりタッチの混綿ポロシャツ

肌触りの柔らかさで混綿ポロシャツは依然として人気です。

弊社の感触では、シャリシャリ系と混綿ポロシャツを並べると、混綿をお選びになる方が多い印象があります。

メーカーが売りたいものと、お客様が買いたいものにちょっと乖離があるのかもしれません。

さて、綿100%のポロシャツは数が少なくなっていますが、綿とポリエステルを組み合わせたこの混綿ポロシャツは安定した人気があります。

綿が入るとソフトな風合いが出て安心できる感じがします。

ポリエステルの丈夫さと、綿の柔らかさをいいとこ取りしており、繰り返し着用するユニフォームなどは混綿が選ばれることが多いようです。

似たようなもので裏地は綿、表地はポリエステルのダブルフェイス布地などもあります。

布地の違いぜひ比較してみてください

弊社ではお問い合わせをいただくと、なるべくサンプルできちんと比較していただきたいと考えております。

布地は正直で、価格や種類で質感が全く変わります。

毎日使うユニフォームなどはできるかぎり、違和感なく使っていただきたいという願いもありまして、お気軽にご相談ください!。