blog towa

お客様とユニークサービス・製品をつなぐよもやまブログ

配布用の使い捨てポンチョテスト輸入してみました

弊社のこと | 2019/05/22


使い捨てポンチョのテスト輸入画像

広報副社長の冨田です。

使い捨て型のポンチョは、弊社でも「おくばりポンチョ」のお取り扱いがあります。今回、カラーバリエーションを増やすべく中国からテスト輸入。

ちなみに、同じ「ポンチョ」でも値段により製造方法が全く違います。100円程度のビニール袋のおばけのようなポンチョはまさに「ビニール屋さん」の領域です。

繰り返し使う様なポンチョは「縫って作る」のを基本としますから、我々の様なウェア屋(雨具屋さん)の領域で、メーカーから見ると同じポンチョでも価格によってほとんど別ジャンルであります。

ADULT Raincoat !

パッケージが趣がありますね。

話に聞いたヨーロッパをイメージして、マネキンやスタッフに着せたレインコートの写真に、首だけ付け替えました的な何かであります。

ADULT Raincoat って言われても・・・。

言わんとしてることはわかります。

品質は問題なしだが、おしい!

品質面では100均や弊社扱いのおくばりポンチョと大差ありません。

腕には輪ゴム装備、フード周りはきちんと絞れる様になっています。前買った100均のやつよりちょっといいかもしれません。

一方で、ちょっと頭を通すのに首周りがきついかも。

欧州向け輸出をメインとする中国メーカーで感じるところなんですが、欧州の方々の細長頭を前提に首回りを作るので、アジア系の横長頭を通す時に小さいという問題が時折発生します。

子供服でも、安いからと欧州系の服を買ったら首穴きつすぎ問題が発生するのは、拙宅でも散見されました。

扱えるか否か?

ある程度リスクを背負えるなら扱えるかもなぁといったところです。

首回りの口径変更が可能かどうか、数を入れた時の不良率が許容できるならといった感じです。

特に、サンプルからわからないのは量産した時の不良率や色の安定性などです。

仕入れ価格は悪くないのですが、日本基準で検品などの品質維持コストを入れると果たして合うかというのは、一度仕事をしてみないと分かりません。

それでも使ってみたいという会社様がいましたら、ぜひ一緒にやりましょう!