blog towa

お客様とユニークサービス・製品をつなぐよもやまブログ

加齢臭対応 消臭枕カバーの5ヶ月

サービス・商品のこと | 2017/04/17


加齢臭消臭枕カバーで寝るひつじ様

広報担当のTです。

開発会議で「オジサン臭について非常に難儀している」という切実な発言と、「今、消臭繊維の旭化成ロイカCF®︎が熱い」という布地屋様の情報から、弊社の加齢臭対応 消臭枕カバーが生まれたわけです。

「売れるのかな??」と社内でも半信半疑だったのですが、Amazonでの販売も好調。

というわけで、昨年の12月に発売してて5ヶ月愛用の私のレビューを一つ。

オジサン臭とともに起きる朝・・・

加齢臭対応 消臭枕カバー(以下、消臭枕カバー)を使う前は、綿の枕カバーを使っておりました。毎朝、齢を感じる微妙なパフューム(=加齢臭)に暗澹たる気持ちになるわけです。

子供も近寄りません。

タオルを敷いたり、毎日枕カバーを洗濯もしているのですが、臭いはいかんともしがたく。

臭わないから枕カバーの洗濯回数が激減

弊社の消臭枕カバーを使ってすぐ分かったのは、朝、臭わないことです。

夜遅く帰って、風呂へ入らずそのまま寝ても大丈夫でした。

臭わないなら洗う必要も減るので、汗などかかなければ冬は週1でOKになりました。

一応、自分の鼻が曲がっていないか、妻様にも確認してもらいましたが、及第点とのことです。

弊社でも開発段階で布地メーカーの仕様が本当か、様々な場面でテストしているので予定通りといえばその通りではありますが、やはり気になっていた臭いがしなくなると感動です。

こんな感じで現在は一枚で回しています。なお、消臭枕カバーは洗濯してもすぐ乾きます。

肌触りは個人的に綿の方が好き

と、絶賛してみましたが、個人的には綿枕カバーの肌触りと最初のひんやり感が好きです。

消臭枕カバーの方は、シルキータッチで肌触りも良いし、吸汗発散性能も高いのですが、体温をさっと受け止めてくれので、「ひんやり感」が少ないのがやや残念なところでしょうか。

このあたりは好みだと思います。

消臭枕カバーの方に慣れた現在では、こうした不満もありません。

加齢臭でお困りなら、まずは1枚お試しを

弊社の製品ということを抜きにしても、加齢臭が気になる場合は1枚ご購入いただき、試していただければと思います。

価格が2,400円(税込)という枕カバー界でも高額の部類に入りますが、加齢臭が気になる方にはそれなりに価値を感じていただけるのではないでしょうか。

 

やはり朝、いちいち臭いを気にせず起きられるのは気持ちの良いものです。

 

なお、弊社では製品に関するご要望等も承っておりますので、お気付きの点がありましたらメールフォーム等でご連絡いただければ幸いです。

なんだか宣伝そのものですが、正直なところを書いてみました。正直話をもう一つ。

 

ベージュ「だけ」がなぜか売れ行きが微妙なので、どうぞよろしくお願いいたします!!!

加齢臭対応 消臭枕カバー