blog towa

お客様とユニークサービス・製品をつなぐよもやまブログ

消防士の方が買いにきたTシャツのなぜ

サービス・商品のこと | 2017/07/13


消防士画像消防では裏方で結構製品を作っています

広報のTでございます。

先日、都内の消防士の方がお見えになり、弊社のTシャツを数枚買ってお帰りになりました。

肌擦れの原因は?

普段使っているポリエステル100%の業務用Tシャツだと肌が荒れるとのことで、以前使っていた弊社の消防向けTシャツを改めて試したいとのことでした。

お試しの結果は良好で、肌荒れが改善したとのことです。

ご提供したのは表地が劣化しにくいポリエステル、肌に当たる裏地が綿の「高耐久ドライメッシュTシャツ TG-1500」という商品。衿周りはポリエステル含有ですが、柔らかく仕上げてあります。肌あたりのやわらかさが、肌荒れ改善に繋がったのではないかと社内では話していました。

細かいニーズ対応は国内少量生産だからこそ

このTG-1500も地味ですが主に福島の提携工場で生産しています。衣料の国内生産比率は3%と、いまやレア中のレアになっております。

首都圏はじめ全国各地の消防・消防団で使っていただいていますが、海外生産するほどの数が出るものでもありませんので、お値段はちょっと我慢していただきつつ、喜ばれるので作りつづけています。

世の中の小さなニーズは無視されがちですが・・・

Tシャツの海外生産は最低でも3〜4千着(渋々やってくれるレベル)、普通は万単位の生産ロットがないと作ってくれません。

ですから、切実であっても数が少なければお客様のニーズは無視されがちです。

ところがどっこい、弊社であれば20着から喜んで作りますし、それ以下であっても費用が合えばきちんと仕事します(単価は多少高くなりますよ!)。ちょっと値段が高くても、丈夫なものを作りますから、元はとれます!

ということで、「これなんとかならないの?」みたいなご相談も、できるかはともかく、喜んでお聞きしますので、お気軽にご連絡ください。

高耐久ドライメッシュTシャツ